40代でもまだ間に合う!私のできてしまったシミ改善方法

私は40歳の主婦です。
20代の頃までは、まったくといっていいほどシミ対策をしていなかったので、日焼け止めを塗ったりもしていませんでした。
ただ、当時はまだ肌の回復力も高く、黒く日焼けしてもすぐに色は戻っていたので、それほど気にはしていませんでした。
30代に入った頃には、さすがに日焼け止めは塗らないといけないと思い、日焼け止めを塗ったり、UV対策はそれなりにしていました。
しかし、30代後半頃から、それまでなかったシミが少しずつできてしまいました。
最初はなんとなく肌がくすんでいるなという感じでしたが、よく見るとシミでした。
はじめてシミを発見したときは、さすがにびっくりというかショックで、今まできちんと対策をしていなかった自分がバカだったと反省しました。
それからは、なんとかしてこのシミをこれ以上大きくしないように、シミ対策をとることにしました。
それには、まず食べ物が重要だという知識があったので、シミを改善するような食事を勉強しました。
シミ退治として一番の成分は、ビタミンCです。
そのため、キャベツやサツマイモ、レモン、レンコンなどのビタミンCが豊富に含まれている食材を、毎食摂るようにしました。
また、ビタミンB6も新陳代謝を正常化させるためには重要な栄養素なので、レバーや納豆、大豆なども毎日の食事で摂るようにしました。
シミ対策に効果的な食材を調べているときに、アボカドやバナナなどは、チロシンという物質が多く含まれていて、空気に触れることでチロシナーゼという酵素が働き出してしまい、酸化してしまうという性質があるため、逆にしみを作ったり、悪化させてしまうということを知りました。
それまで、アボカドは好きでよく食べていただけに、ショックでしたが、なるべくシミを作らないように、アボカドやバナナはあまり食べないようにしました。
このように毎日の食事に気をつけるようになってから、シミは増えることはなく、若干肌もハリが戻ってきたような気がします。
できてしまったシミは消えることはありませんでしたが、なんとなく薄くなってきたような気がします。
特に、食事に気をつけるようになってからは、便通もよくなり、肌トラブルもなくなったので、やってよかったと思っています。
友人は、シミ対策の化粧品を使い出してから、肌の色が明るくなり、シミも少し薄くなってきたということなので、これからは、食事にプラスして、シミ対策の化粧品も試してみようと思っています。